人気ブログランキング |

猫KENTAとの癒し生活と旅

kentaraga.exblog.jp
ブログトップ

2012年 06月 28日 ( 2 )


2012年 06月 28日

2012 5月 ソウル 13 (3日目) カンジャンケジャン定食@テンジャンイェスルクァスル

ポチッと押してもらえると、励みになります
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


鐘閣駅からめざしたのは、『テンジャン芸術と酒』テンジャンイェスルクァスルというお店です。
入り口はこんな感じです。

f0062122_21103669.jpg


中は清潔感があって、日本人はこういうお店ってホッとすると思います。
ちょっとテーブルが低くてつらいですが。

f0062122_21125075.jpg


日本語は通じませんが、頑張って対応していただきました。

まずデフォルトの、「テンジャン定食?」ってきかれましたが、首をふると、「カンジャンケジャン?」ときかれ、それでおおきくうなずいた私でした。

f0062122_21204690.jpg


カニの蓋にはいっているカニ味噌と生卵は五穀米に混ぜてもらいました。すごいたくさんの野菜がほうりこまれてます。

唐辛子には味噌をつけて食べてね、との指示もありました❤


混ぜられたご飯はこちら。

f0062122_21214562.jpg


カニはこちら。血圧には悪いすごく塩分の高い味付けですが(あたりまえですよね、醤油づけだから)たまにはいいよね。

f0062122_21231175.jpg


ばんちゃんは、エゴマ、タケノコのナムル、春菊のナムル、チャプチェ、プゴクスープ、カクテキなど。

f0062122_21242386.jpg


f0062122_21254656.jpg



今まで、カンジャンケジャンを1人で食べられる所を探していたのですがこのような定食の形でだしてくれるところがみつからず、なおかつ1人で食べらる所がなかったので、見つけてラッキー。こちらのお店はニンニクを使わず、ほぼ醤油オンリーのヤンニョムで漬け込んでいるそう。

この定食、最近値上がりしたようですが、20,000ウオンは懐に優しいお値段ですね。

次回、また行きたいと思います。


11時半少し前に行ったのですが、あれよあれよと混む昼間。こちらテンジャン定食がメインのようです。平日昼には混むこと必至ですので、早めの時間ににでかけてみてはいかがでしょう。

コネストさんの記事はこちら 

************
テンジャン芸術と酒

ソウル特別市 鍾路区 貫鉄洞 12-7
************

朝ご飯の後の午前中(カンジャンケジャンを食べる前)はこんな感じ。

身支度含めのんびりし、お昼前のお散歩のため光化門までいきました。
いままで何度もソウルに来てるけど、ここだけはなぜか始めて。

お決まりのこの方たち。私には実は始めてです。

f0062122_21293376.jpg


f0062122_21305177.jpg


それから清渓川で提灯をながめて

f0062122_21323969.jpg


f0062122_21341387.jpg


鐘路まで行きました。
駅からそんなに遠くないです。あら、とうとうポツポツと降ってきてしまいました。

ソウルも高層ビルが多いけど、あまり圧迫感がないのは広い道路が多いからかな。

しかし、地下道が張り巡らされているわけでもないから、下って上ってをかなり繰り返して場所移動をしなければなりませんね。3日目には朝、足がパンパンでした。日頃の運動不足を反省しながら良い散歩でした。




にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

by AKIKOCHRIS | 2012-06-28 21:36 | + 2012 5月 ソウル
2012年 06月 28日

にくぅー  胃にしみる美味しい和牛と珍しいスパークリングワイン@北表参道 タンタボッカ

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村


シンガポールから帰った日の女子会。
前職のファイナンスの部門で働く女子2名との女子会。
この間の会は、1人の子のお父様が具合が悪くて流れ、その後なかなか次の予定が決まらず昨日開催。

この2人とは、昨年冬のパリ、今年冬のパリを一部一緒に旅行していて、食べ物の嗜好はかなりあう。
1人は料理業界でなくてもとれるソムリエの資格を持っているからなにかにつけて頼もしい。

私は大抵レストラン選びをまかされる。同じ会社で似たような職責だったから懐具合も知れてるのでお互い嫌な思いをすることもないし。


で、向かったのは、北表参道のタンタボッカさん。
こちらは和牛 A5の美味しいところをグリルしてくれるので有名。
ソムリエさんもいるのですよ。

友達を待つ間、白ワインをチビチビいただいてました。
サービスでオリーズがでてきました。(このオリーブが美味いのだ)

f0062122_9123766.jpg



程なくして、彼女達も到着。
結構一皿が多いから選択も慎重に。

で、カルパッチョ2種。
大概のレストランでされるような薄いカルパッチョではなく、こちらはでっかく分厚い(刺身より大きい) ・・・ まるで肉と同じ扱いの大きさ。

f0062122_9161278.jpg


なまウニのパスタ
う〜ん、言うことはないね。完璧。

f0062122_917457.jpg


牛はらみのグリルは、こんなボリュームです。
下には葱のグリルがしいてあります。
とろけます。

f0062122_9183390.jpg


そうだ、つまみにオリーブの肉詰めフリットも頼んでました。

f0062122_9205666.jpg


パン、特についてるバターがフワフワで絶品です。

f0062122_9243553.jpg


グラスワインやら、発泡酒を各々頼んだあとに、お友達がこちらをセレクト。
レッジャーノ ランブルスコ
辛口赤ワインのスパークリングです。

ロゼとは全く違って、おもしろいぐらいに肉やグリルにあいます。

f0062122_9231892.jpg


店内は、そんなにお金かけてなくお洒落とは言いがたく、がたいの大き目な給仕さんがテキパキと給仕してくれます。
店内は笑い声で一杯。男性だけでくるグループも多いです。
昨日一緒だった友達の1人は、家族会をよくこちらで開催するそうです。

しかし、よくしゃべった。
次第に話は旅の話題に。
私が暇な間にまたどこか行こうとか・・・沖縄に行ってみたいだとか(私が運転できるという理由)・・・

賑やかな雰囲気があう店内。

f0062122_927766.jpg


たまには豪快なレストランで女子会はいかがですか?
肉を手にした人が描かれたメニューが待ってます。

f0062122_9283397.jpg


これだけ食べて、飲んで、1人7000円弱。

表参道からは遠いけど、代々木駅から徒歩5分で行けます。

f0062122_9295032.jpg


f0062122_9303594.jpg



*****************
trattoria Tanta Bocca
Tel/Fax. 03-5771-4099
151-0051 渋谷区千駄ヶ谷4-5-1 1F
1F, 4-5-1 Sendagaya Shibuya-ku Tokyo
http://www.tanta-bocca.com/
*****************

にほんブログ村 グルメブログ 東京食べ歩きへ
にほんブログ村

by AKIKOCHRIS | 2012-06-28 09:34 | 家料理