人気ブログランキング |

猫KENTAとの癒し生活と旅

kentaraga.exblog.jp
ブログトップ

2012年 02月 17日 ( 1 )


2012年 02月 17日

2012 2 月 コペンハーゲン ①

2月13日 25時(2月14日 1時)に羽田からフランクフルト経由でコペンハーゲンへ。
ANA 羽田とフランクフルトの直行便は1月から始まったばかりということでした。残念ながら、新しく導入された機種には乗れませんでした。

羽田では、深夜便のせいか、3時間以上前でもチェックインさせてくれました。
ただ、深夜便が異常に混み合う時間 ・・・ ラウンジのソファは空きがないほど。
シャワーも空かない・・・

深夜便だと、どれだけ機内食をすぐにだしてくれるか分からなかったので、お気に入りのカレーをとりあえず。後ろにみえるのは、一口サイズのツナサンド。

f0062122_222926.jpg


搭乗してほどなく、メニューが配られたのですが、アルコールを頼んだひとには、お通しが。
干し柿とバター
エビとフルーツ
野菜スティック


f0062122_23922.jpg


それから、頼みたいひとだけ、軽めの食事。私は、現地に着く直前のご飯までお腹がすもつか心配だったので、カニのチャウダーをいただきました。カニの身がたくさんはいっていて、おいしかった。(とりあえず、お腹は八分目に)

f0062122_235131.jpg


3時間ぐらいで目を覚まし、映画をみていたのだけど、お腹ががすいてきて、抑えるために、何杯かコーヒーをいただきました。実は、この日、家でほとんど食べていなかったので、必要量に達していなかったのでしょう。

フランクフルト着陸前に、朝ご飯(和食)をいただきました。
煮付けはかなり骨が多かったので、機内食にはあまりむいてないかも ・・ 味付けは良かったです。

f0062122_242624.jpg


********
東京で、Boarding Pass 発券の際、お兄さんから、「フランクフルトの乗り継ぎ 1時間半ですから、結構急いで乗り換えてくださいね」と言われました。こっちとすれば、「だから、ANA に3回も電話して、本当に時間大丈夫ですか」ってきいたのに、「規定上では、十分な時間です」とのお答え。多分、一辺倒のお答え。

フランクフルトは、朝一の到着便だったのですが、かなりの飛行機が到着し、早朝の便が飛び立つ時間だったようで(5時代ですが)、着陸してからゲートに飛行機が到着するまで20分(空港自体、巨大ですし)、さらに、飛行機の扉を開ける作業がなかなか開始されず、お客さんイライラ。私よりももっと、乗り継ぎ時間がない人たちが実は何人かいて、扉が開いたら、みんな急げ急げのダッシュ。Immigration はそれほど時間がかからなかったのですが、ヨーロッパ国内便に乗り換える時に荷物検査 ・・・ ビジネスクラスだったから良かったものの、これがエコノミーだったら間に合っていませんでした。

嫌な汗かくのは旅行では避けたかったのだけど。
*************

コペンハーゲンまでは、ルフトハンザのビジネスクラス。ビジネスとは思えない狭さでした。
ただ、3列並んでいる真ん中の席が、物をおいたり、飲み物を置いたりできるので意外と窮屈さは感じませんでした。

朝食、意外においしかったです。普通の卵サラダにハム・ヨーグルト・チーズ、なぜか、寿司(スポイトで醤油をチュットすってある、簡易の調味料)。お寿司は、外が乾いていて、途中で吐き出そうかと思ったほどです。


f0062122_252923.jpg



心配していた荷物も、きちっとコペンハーゲンでピックアップできたので一安心。

バス・電車の3日用の周遊チケットを購入して、コペンハーゲン中央駅に向かいました。
このチケット、使用する前に、プラットフォームで打刻するように言われたけど、何回やっても、使い方が分からない。仕方ないから、チケットの検閲にきた車掌さんにきいたら、次の駅で、走って打刻してきてくれました(親切)。

この国、英語通じるしね。

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

by AKIKOCHRIS | 2012-02-17 07:00 | + 2012 2月  コペンハーゲン