人気ブログランキング |

猫KENTAとの癒し生活と旅

kentaraga.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 09日

2013 6月 鎌倉(1) 東慶寺〜浄智寺

ポチッと押してもらえると、励みになります
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


さて、今日は、鎌倉レポを3つのせま〜す。
きれいな紫陽花を堪能して、ポチッとボタンを押してくださいませ。


さて、吉祥寺から中央線に乗る前に
マックで腹ごしらえ。
ちょっと6時台には厳しい内容ではありますが・・・

f0062122_8255656.jpg


昨日のは若干さめていて、チーズがとろっとしてなかったので
はずれ〜のエッグマックマフィンでした。

f0062122_8263035.jpg


吉祥寺から目指すは北鎌倉。
品川や東京から回るのは嫌だったので
新宿から、湘南新宿ラインを使いました。

ちょっとゆったりと「グリーン車」。
ホームでSUICAを使い購入をして、自分の席についたら自分の頭上のパネルをタッチする仕組みです。

f0062122_8303787.jpg


戸塚で乗り換え、北鎌倉へ。

北鎌倉で紫陽花が有名なのは
東慶寺
浄智寺
明月院
です。

それぞれの開門の時間を調べたら東慶寺が8時半からだったので
それに間に合うように吉祥寺をでたわけです。

まだ人はまばら。

f0062122_8354083.jpg


東慶寺をwikiでひくと、結構、へ〜でした。(長文です。)
東慶寺は、近世を通じて群馬県の満徳寺と共に「縁切寺(駆け込み寺)」として知られていた。江戸時代、離婚請求権は夫の側にしか認められていなかったが、夫と縁を切りたい女性は、当寺で3年(のち2年)の間修行をすれば離婚が認められるという「縁切寺法」という制度があった。幕府公認の縁切寺として、江戸から多くの女性が東慶寺を目指した。ただし、女性が駆け込んできてもすぐには寺に入れず、まずは夫婦両者の言い分を聞いて、夫が離縁状(いわゆる「三下り半」)を書くことに同意すれば、すぐに離婚が成立したという。また、実際には離婚に至らず、調停の結果、復縁するケースも多かったという。この制度は、女性からの離婚請求権が認められるようになる明治5年(1872年)まで続いた。


清々しい青空です。
人がまばらなのでパチりと撮れました。

f0062122_8371093.jpg


門の手前の紫陽花も綺麗です。

f0062122_838213.jpg


f0062122_8383522.jpg


f0062122_8385943.jpg


f0062122_8392788.jpg


f0062122_8395978.jpg


f0062122_8402579.jpg


そして拝観料を払って中へ。

こちら、昨日たづねたお寺の中で一番癒し系でした。


f0062122_8431343.jpg


f0062122_846135.jpg


花菖蒲に

f0062122_8465690.jpg


f0062122_847145.jpg


サギソウに。

f0062122_8474684.jpg


紫陽花が脇にある小道をいくと

f0062122_852480.jpg


f0062122_8523862.jpg


緑が綺麗なエリア、苔が生えた岩のエリアに出ます。

f0062122_8532313.jpg


こちらのお寺をおとづれるのはもしかしたら紫陽花より
この「いわたばこ」お目当てでしょうか。
こちらの前が一番カメラ握った人が多かったです。

f0062122_8551133.jpg


ピークは過ぎたかな。

f0062122_8564119.jpg




では戻りましょう。

f0062122_8585216.jpg


これは珍しい。

f0062122_903113.jpg


ちょっと境内内をのぞき、
(春にしだれ桜が有名だったかな)

f0062122_914167.jpg


f0062122_922489.jpg


f0062122_93524.jpg


さあさあ、急がなきゃ。
戻る途中もまた、山道を撮影。

f0062122_935111.jpg


f0062122_94251.jpg



次よ、次。
浄智寺。

f0062122_97457.jpg


こちらは山道入口の紫陽花のみで終わり!!!

f0062122_97020.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

by AKIKOCHRIS | 2013-06-09 09:09 | + 2013 6月  鎌倉


<< 2013 6月 鎌倉(2) 明...      激混みっす 明月院 >>