猫KENTAとの癒し生活と旅

kentaraga.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 03日

2013 1月 パリ 勇気あるって・・・おひとり@ L'Ecailler du Bistrot

ポチッと押してもらえると、励みになります
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


さあ、韓国のノロのリベンジですよ!!
記事を楽しんだら、是非クリックしてくださいな〜。
今日、もう一つ、おいしいケーキのレポをアップしてます。記事はこちら ★



友達からとんでもない遅刻をする、と連絡があったので、
お昼は「 L'Ecailler du Bistrot」というPaul Bert の姉妹店に
1人で行ってみました。
Paul Bert の方とは違い、Fruits de Mer =シーフード (直訳すると、海のフルーツ♡)
専門のお店です。

午前中、ホテルからMalais/Bastilleまで歩いて若干ショッピング、
そこでもう一度地図みて確認したらお店はBastilleから地下鉄2駅なので歩いて行っちゃいました。
(昔、短期語学留学中に「反戦」へのデモの影響で地下鉄の1番線が街中の駅に止まってくれなかったことがあり、
Bastille からシャンゼリゼまで何日も歩いて通ってたんですよ。
だから、それに比べたらましな距離。)

午前中にたっぷり2時間歩いたのでお腹はそこそこすいてました。

お一人をためらったかって???
ま、なかなか入れない店なので・・・
もともとどこでもお一人で行ってしまえるので・・・
予約をとった12時に乗り込みました。

入口の中年のムッシューがお出迎えしてくれました。
「12時で予約した○○ですが・・・」
「え?ないよ。松本さんではないよね・・・」
「いいえ違います。はい、これ、オンラインで予約して確認のメールがきたんですけど」
「いや〜、うちはライン予約はしてないよ」

へ〜????
じゃ、私がアクセスしたサイトって何??

でも、開店1番乗りの有り難さ。
「C'est pas grave (大丈夫だよ)」の一言で救われ、
こちらのマダムにテーブルをよろしく、とムッシューがスタッフに頼んでくれて
無事に奥の席に案内してもらえました。
12時に来たのは、その他5組ほど。


ふ〜ん・・・
キョロキョロ。

f0062122_1332030.jpg


f0062122_13394720.jpg


さ、フランス語の勉強の続行。
テーブルには2人の男性がついてくれました。
うち1人は冗談好き。
このアラカルトメニューを置いてく時に
「10分あげるから決めてね〜」と。
もちろん、数分でもどってきましたが。

f0062122_13353234.jpg


私は黒板と、こちらのメニューと比べっこ。

f0062122_13411780.jpg


舌平目のでっかいやつが 40ユーロ。
シーフード盛り(1 per)が38ユーロ。
って、シーフード盛りの方がお得にみえて、
「たくさんすぎない?」ってきいてみたら
「大丈夫だよ。ゆっくり食べれば。」と言われたのでいってみました。

そこからちゃかちゃかといろいろテーブルに運ばれてきます。

バター2種(ひとつは海藻がねりこまれています)
サーモンのスプレッド
大量のパン

f0062122_1343677.jpg


そしてあわせたのは、彼のおすすめのムスカデ。
ありゃ、甘口?なんて思ったら、すっきり辛口で美味しかった。
当たり前のようにおかわりさ。

f0062122_13442152.jpg


すこし待っていたら
でかいプレートが登場。

f0062122_1345579.jpg



よかった、奥まった席にいたから、注目を浴びることはなかったけど
このプレートには度肝をぬかれ、はっきりいって驚きました。

なぜか手元にはプレートが2枚重ねておいてありました。
なんでだろう。
わかんないけど、とりあえず、片っ端から食べてみましょうか。

f0062122_13474596.jpg


内容は、
牡蠣 9個(3種x3個)
2枚貝 6個(2種x3個)
巻貝  5個
黒い小さい貝 数えきれず
エビ2種
でっかい蟹、半分

さてさて
どこまでいけるかの〜。

牡蠣はとっても食べやすい。これは余裕。
2枚貝は生で食べたことがなくちょっと勇気がいった。
大きい巻貝はあんまり好みではなく。

黒い小さい貝 ・・・ これが美味。たぶん、ぴりっと辛いスパイスにつけてあったんだろう。
山椒みたいなぴりっとするやつでした。

f0062122_135138.jpg


そして牡蠣、貝をほとんどたいらげたところで



こっちに行ってみました。

f0062122_1350244.jpg


蟹半身!!!!!テンションマックス。
この蟹、市場でも茹でたものが売られていて、とても気になっていたんです。

f0062122_13543035.jpg


蟹の白い身よりも、たぶんこのシーズンにしか食べられない卵と
そして蟹みそ。
ひゃ〜。
無言ででホジホジしました。

これ、日本にないよね、ってことで調べてみたら、
Tourteau (イチョウ蟹)というそうです。
アイオリソースが2種ついてましたが私は何もつけずにキュッとレモンをしぼっていただきました。
ほんとは醤油かお酢のタレがほしかったです。


すげ〜量。
はさみのところの身も巨大。
蟹を食べ始めると手が汚れるので他の写真が撮れませんでした。

このシーフードプレートと格闘すること1時間15分。
ほぼ、食べ終わったところで、終わりとしました。
でも、なぜか、そこまではお腹が一杯になった気がしなかったです。
(私、シンガポールの蟹を1ぱいいただいてもお腹いっぱいにならなかった人ですが・・)

そういえば、格闘中に一度、殻で散らかったお皿を1枚とっていってくれました。
なるほど、1皿では殻が一杯になってしまうので
始めから2枚くれるのね。


私が「終わった〜」と告げたら
「Vous etes courageuse(君は勇敢だね)」だと・・・
うるさい〜!!!だって、そっちが大丈夫だって言ったじゃん。

スタッフはかなり忙しげに動き回ってますが、
ちょろちょろと話し相手にもなってもらいました。
C'amuse comme un jou??
ゲーム(ルーレットを指したのかな)のように楽しい一皿でしょ?
とか。

みなさんにお一人を勧めるわけではありませんが、
お店はおすすめです。
必ず、電話予約して行ってくださいね。
スタッフの方は英語も話せます。

*********
Le Petit Bordelais:
22 Rue Surcouf, Paris 75007
Telephone: +33145514693
*********

さ、あと2日。
あと、鴨 と 舌平目 を食べたら
食べたいものミッションは終わり。
帰国したら絶食に等しいダイエット(入社前の健康診断のため)




にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村
[PR]

by AKIKOCHRIS | 2013-02-03 14:02 | + 2013 1月  パリ


<< 2013 1月 パリ カフェ飯...      幸せなパリスイーツ@Fauchon >>