人気ブログランキング |

猫KENTAとの癒し生活と旅

kentaraga.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島 3日目 午後 ー来間島上陸  お宿はハイビスカス

今回、宮古島だけじゃつまらないと思って、来間島(くりまじま)というところにも泊まってみることにしました。どうホテルを探しても、2つしかネットでヒットしない。でも、海外じゃないし、日本語通じるんだから、ということで、ためしに、ネットで予約をしてみた。男女相部屋もあるけど、一応、独り部屋を予約。

ネットで予約をしたとき、宿の主からの反応がいまいち遅くて、その後、滞在の日にちが近くなってもリマインドがなかったので、宮古をでる前に、一応メールを打ったら、お待ちします、とお答えあり。
私はまったく勝手がわからないので、おおよそ、何時に到着するか予定を伝え、夕飯もよろしくとお願いしておきました。

ネットで調べると、島の地図はいたって簡単。とっても道がわかりやすく(というか、間違いようもない道の本数で)とりあえず、宿につく前に、小さい島を一周し、来間島全体と、宮古島が見渡せる展望台まで行ってみました。展望台は、展望台というほどの施設ではないですが、見晴らしは抜群。(夕陽もすごいんだろうな)高いところに上れば、少しだけ、風がソヨソヨと感じられます。一度、車を停めてしまうと、勝手がわからないから、展望台の近くの学校とか、すぐそこにある今日の宿とか、いろいろ歩いてみたけど、午後の日差しがジリジリと強く、結果、島で多分、1−2に混んでいる喫茶店で冷たいお茶をのみ、ペットボトルのサンピン茶をゲットして暑さをしのぎました。外に出ては、中にはいる・・・・その度に汗かいて、中にはいって乾かすなんてことを3度ぐらい繰り返しました。

展望台からみた宮古島

f0062122_1342699.jpg


島の散歩は、暑さをのぞけば、楽しい。

いきなり、メーと、ヤギがいたり(人なつっこく近づいてくる)

f0062122_1345322.jpg


サトウキビ畑もある

f0062122_1353177.jpg



宿にはいってみたんだけど、車とめるところがわからないし、おまけに島の道は狭いから勝手に止めたら迷惑だろうなと思い、宿の主が帰るのをひたすら待ちました。この間に2回ほど電話をいれているのだけど返事なし。宿からは音楽が流れ、入り口はあいてるし、窓はあいているけど、人はいない。あまり長く座っていると、蚊に刺されるだけなので、今度は、島の入り口にある、パニパニというカフェにいってみました。

パニパニは、宮古島のガイドブックには必ずのっているカフェです。ピザなど軽食はだしていますが、残念なことに、私の求めていたアルコールはなし。今日はずいぶん、健康だな、とソフトドリンクを注文しました。ここの主は、関東出身。脱サラで移住してきたそうです。支払いの時に、ここの猫が台の上にのっかってきました。ずいぶんご老体だそうです。

パニパニの ばんじろう

f0062122_135599.jpg


しばらく時間を潰したところで、また宿にもどってみました。幸いなことに、宿泊者の若いカップルがもどっていたので、宿主の居所をきいてもわからないとのこと。そうこうしているうちに、宿主から、やっと電話がかかってきました。宮古の空港まで今日着く人を迎えにいっているからあと30分ぐらいかかるよ、とのことでした。夕飯は BBQ だそうで。

宿主と、いままでの宿泊者が戻ってきて、ようやくゲストハウスたるシステムがわかりました。宿泊者も離島を旅慣れた人ばかり。ゲストハウスも各島渡り歩いているようで、気取ることなく、初心者にも気軽に話してくれるし、情報もドンドン教えてくれます。宿の中の説明をひととおりうけ(恐ろしく安い宿代を払い、洗濯機代とビール代を確認)荷物をおろして、しばらく宿の縁側でまったりとみんなで談笑。今晩は、離島をわたり歩いている舞ちゃん、関西からの若いカップル、今日が最後の夜の若い夫婦(ハネムーン)、昨日からいる人もうひとり(名前わすれた)、東京からダイビングにきたひとしさん。それから宿のいぬ3ちゃん。

ハイビスカスの入り口は、こんな感じです。

f0062122_1362738.jpg


by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 17:10 | + 2011 9月  宮古島・来間島


<< 2011年 9月 宮古島3日目...      2011年 9月 宮古島 3日... >>