猫KENTAとの癒し生活と旅

kentaraga.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:パリ ホテル ( 8 ) タグの人気記事


2013年 07月 16日

2013 1月 パリ 最終日の朝ごはん

ポチッと押してもらえると、励みになります
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村



2013/1 のパリ記はこれで終わりです。これでやっと、たまってるシンガポール記に戻れます。
クリックお願いします。


さてパリの最終日、鉛のように重い体にむち打ち、
別のホテルで朝食を食べてみました。(Hotel du Louvreだったかな)

ギャルソン2人に出迎えられ、挨拶して窓際に席をとるも
ん〜、なんだか調子がイマイチ。

立ち上がって、写真だけ撮る・・・・最後の力をふりしぼって・・・ですね。
振り返って写真をみると、かなり充実した内容でした。

f0062122_7421761.jpg


f0062122_7424558.jpg


f0062122_7431628.jpg


f0062122_7442010.jpg


f0062122_7434861.jpg


こちら、カフェ利用は何回かあります。パリの中でも絶好のロケーションにあるので
値ははりますが、天井が高くて綺麗で落ち着くから、お友達とゆっくり語り合うには絶好の場所です。


私は、食べれもしないのに結構お皿にとってきました。
オレンジジュースをがぶのみし、コーヒーは残し、お皿のものも半分ぐらいしか食べられない???

ギャルソンさんはやっぱり「どうしたの?」って顔してました。
そりゃそうですよね。このホテルに泊まっていて朝食付きならまだしも
他のホテルからきて、正規の料金払っているにもかかわらず、ちょびっとだけ食べて帰るなんて。

f0062122_74539.jpg


このあと、1時間だけ延長してもらったチェックアウト。
それにも間に合わないぐらい、具合わるくて寝込んだ3時間。
場所を移して、ホテルロビーのソファーでぐったりすることさらに数時間。
友達がきてくれて、パンなどの補給をしたものの、やっとどうにかものになるぐらい回復したのは
CDGへのタクシーに乗り込む時だったのでした。

あ、それでも写真撮ってる〜(苦笑)

f0062122_7461534.jpg


f0062122_7465080.jpg


忘れかけたフランス語・・・・よくみてるフランスのブログで思い出した
「パンを二つに切ってください」をたしかここで使ったはず。

f0062122_74758100.jpg


f0062122_748206.jpg


こうふりかえると、今年の旅はなにかついていない。
1月のパリはこのありさま。
2月のソウルはノロ。
7月のシンガポールは夏風邪。


みなさま、旅に行くときには体調万全にね〜。


このパリ滞在中は天気に恵まれてました。気温もそれほど低くなく、雨もそれほどではなかったし。
でも、このあと、なが〜い冬だったんですよね。

帰国便では2回のご飯。2回目のときには体力が回復していて食べられました。

f0062122_7504444.jpg


f0062122_7511084.jpg



にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

by AKIKOCHRIS | 2013-07-16 07:53 | + 2013 1月  パリ | Trackback | Comments(4)
2013年 03月 18日

2013 1月 パリ Normandy Hotel

ポチッと押してもらえると、励みになります
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

今日も応援クリックお願いいたします。

さすがに、1年半のうちに4回もパリに来て、
バスやら地下鉄やらほとんど乗らずにテクテク歩いていると
小道から、いろんな風景まで覚えます。
今回も最終日までは軽快に歩いておりました。

ほんとは1月のパリはあきらめていたのだけど
Expedia で航空券から4泊の宿泊まで含めてかなりお得だったので
えい〜って決めちゃったのです。

シャルルドゴール空港に着いて、
タクシーををひろって、
住所みせて、Ici,s,il vous plait.
とお願いして、バッグシートにどっかり。
日が長くなってきて、風景が楽しめてうれしかったです。

今回宿泊したのはNormandy Hotel というところ。
ルーブルからも、その他、観光地からも近く、メトロの駅が近いのもよし。

f0062122_5155624.jpg


f0062122_517282.jpg


f0062122_534332.jpg


唯一、難点は、この冷蔵庫。
冷えてるのかどうか、
疑わしいほどの古いタイプ。

f0062122_5203389.jpg


f0062122_5221646.jpg


近くのスーパーでのかいだしは、こんな感じでした。

f0062122_5305833.jpg





ホテルのお部屋のコンセントの数も異常に少ないけど、
この立地じゃ文句言えません。

f0062122_5252247.jpg


f0062122_5264838.jpg


f0062122_5294569.jpg



朝食がつかないPlanにしましたが近くにカフェがあるので問題なしよ。






にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

by AKIKOCHRIS | 2013-03-18 05:36 | + 2013 1月  パリ | Trackback | Comments(2)
2012年 06月 21日

2012 2月 パリ  CDG シェラトン 1泊

ポチッと押してもらえると、励みになります
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


パリからの帰国は早朝だったので、悩んだ末、CDG のホテル シェラトンに一泊することにしました。

部屋からは飛行機が見えました。


f0062122_19475.jpg



結構早めにチェックインしました。久しぶりのバスタブに早速つかり、大型テレビを楽しみました。アパートのテレビはちょっとしょぼかったので ・・・

f0062122_1161818.jpg


f0062122_1183668.jpg


f0062122_120521.jpg


空港内でビアルコールを買えるところが1つしか見つからず(それもビール)、飲み足りないのでホテルのバーへ

f0062122_1224913.jpg


f0062122_1242337.jpg


アパートの安さからしたら、贅沢なホテル1泊でしたが、パリ→フランクフルト便のキャンセルの早朝対応やANA からの予約変更のファックス受け取りなど、ホテルでしか対応できないことがスムーズにできて、結果としてホテル滞在でよかったかな。

しかし、短い夜だった〜。


さすが、空港の隣にあるホテル・・・ 早朝出発者のためにチェックアウトのカウンターの横に簡単な朝食のサービス。ルフトハンザのラウンジより美味しいパンでした。

f0062122_1263312.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

by AKIKOCHRIS | 2012-06-21 01:28 | + 2012 2月  パリ | Trackback | Comments(4)
2012年 06月 09日

2012 2月 パリ  お宿にしたアパートはこんな感じでした

ポチッと押してもらえると、励みになります
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村


今回は、すごい小さなアパートでした。前回が豪華すぎたのかな。(前回のアパートの記事はこちら 
途中からお友達が来ることになっていて「ちょっと2人だと息つまるかな」と思ったけど大丈夫でした。

ソファー自体がベッドになり、ソファーの下にももう一つベッドがはいってます。私がソファ、お友達がもうひとつのベッドに寝ました。部屋が狭いから、お友達がソファの下に出して寝る準備しちゃうと、歩けません(笑)

f0062122_8363381.jpg


f0062122_833428.jpg



テーブルには、持参したテーブルクロスをかけて。こうすると、普通のご飯も上等にみえる。

f0062122_8415737.jpg


花があると、毎日に潤いがあります。(日本ではやらないのに、パリではやっちゃう)

f0062122_8435122.jpg


f0062122_845156.jpg


到着早々、すごい虫にさされ(2カ所)さされたところが痛くて大変でした。ベッドに虫がいたのかな?なんて思って、それ以来寝る時は完全防備してました。






にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

by AKIKOCHRIS | 2012-06-09 08:47 | + 2012 2月  パリ | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 05日

2011  11月 パリ 最後の朝

名残惜しく、チェックアウトの手配。
おっと、その前に、慌ただしいから、朝食をホテルで食べます。

かわいい。
結構、こちらのホテル、ホテルで朝食を召し上がる人多いです。

f0062122_836438.jpg


ホテルで、Discount のタクシーの手配をしてもらい、最後の散策にでかけます。

目指すは、Notre Dame 近くの、ステンドグラスで有名なサント シャペル。友達から、かなり列で並ぶと脅されていたからすごく早く行きました。でも、なんてことない、列は、手荷物検査の10分ほどでした。

お〜、目をみはるとはこのことでしょうか。見渡すところすべてステンドグラスで圧倒されます。(フラッシュだめと書いてあるのに、フラッシュを堂々とたく日本人観光客はどこかいってほしかった)この中、1時間以上、のんびり、無言でこれを眺めていたのでした。

f0062122_839133.jpg


西のバラ窓

f0062122_840202.jpg


f0062122_8432910.jpg


f0062122_844298.jpg



クリックお願いします


にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

by AKIKOCHRIS | 2012-02-05 00:06 | + 2011 11月 パリ | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 14日

パリのお宿 ー Hotel des Academies et des Arts

お友達が先に帰国したので、そこから私はホテルへ移動。
Montparnasse にあるプチホテルを、ネットで探して予約しました。あんまり期待していなかっただけに、すごく良くて、ラッキーな滞在でした。

*スタッフの方がとても親切。部屋番号と私の顔を覚えてくれていました。
*スタッフの席の前を通るたび、声を必ずかけてくれる
*内装が新しい
*部屋の設備が新しい(シャワーや洗面台も問題なし)
*アネミティは最小限整ってます
*そこらじゅうにアートが施されているので、探すのが楽しい
*朝カフェがホテルで安い(4€)、だから、外のカフェに行く必要なし
*駅が極近(Metro Vavin の駅は、徒歩2分)
*St Germain は、地下鉄で5分
*徒歩圏内に、Luxembourg 公園がある
*有名なカフェ La Rotonde と、ブラッセリー La Couple は目と鼻の先

では、写真をどうぞ

外の感じ
f0062122_23565638.jpg


f0062122_23572354.jpg


ロビーの一角(壁紙がキュートです)
f0062122_2357525.jpg


小さいダイニングエリア
f0062122_23583081.jpg


朝のコーヒー(カップについてる赤いハートの砂糖で、毎朝和んでました)
f0062122_235976.jpg


部屋(壁がアート)
f0062122_001033.jpg


化粧台兼、パソコンデスク
f0062122_014534.jpg


その他内装
f0062122_02214.jpg


シャワー
f0062122_031218.jpg


洗面台
f0062122_035616.jpg


アネミティ
f0062122_051968.jpg


エレベータもアート
f0062122_04341.jpg



階段がこんな感じ
f0062122_055984.jpg


下をみると、ずっと、オブジェが登っているように見えます
f0062122_063040.jpg


影がおしゃれ
f0062122_07090.jpg


その他、オブジェは至るところに
f0062122_074355.jpg


f0062122_08258.jpg


f0062122_091964.jpg


*****
よろしかったら、泊まってみてください。

Hotel des Academies et des Arts
15 rue de la Grande Chaumiere 75006 Paris
TEL 33 1 43 26 66 44

by AKIKOCHRIS | 2011-12-14 00:30 | + 2011 11月 パリ | Trackback | Comments(0)
2011年 12月 13日

今回のパリのお宿 ー アパルトマン

今回は大半、お友達と一緒で、彼女がいる間はアパルトマンを借りていました。
場所は、St Honore から一歩はいったところ。Louvre-Riovoli がメトロの駅では一番近く、有名なBoulangerie が数分のところに数件あったので大満足でした。

アパルトマンは、日本語ののサイト:Private Homes から検索して予約したのですが、もしかしたら、英語が大丈夫の方であれば、ここを介さずに直接 パリの業者(私の物件の場合、Paris Visit) に頼んだ方が、かなり安くてお得かもしれません。日本語の Private Homes を通しても、最初の契約書の書き方の注意までしか助けてはくれません。この日本語のサービス部分だけでかなり多額な料金を前金でとられます。その後のサポートを日本語のPrivate Homes にお願いするためには、別料金がかります。

今回、契約書をパリのエージェント Paris Visit に送ってからはずっと、英語のやりとりでしたが、フォローがはやいし、質問にはきっちり答えてくれるので問題はありませんでした。

<追記>今回の支払いの流れ
①Private Homes さんには、まず、頭金の支払いを行います(クレジットカードでの支払い)
②その後、契約締結後、指定された代理人、Paris Visit さんに対し、賃貸料半分の支払いを行います (海外送金 もしくは Paypal による支払い)
  
私は Paypal のアカウントを持っていますが、paypal の利用額に対し、4%さらにチャージされるのが悔しくて送金をしました。海外送金は通常、窓口に行くか、ネット決済するには事前に登録が必要。結局支店にいく手間と、送金手数料を考えると、Paypal にすればよかったかなと思います。(支店に行く交通費と支店手数料で、Paypal 4% チャージを超えると思う)さらに、送金した場合、送金の証明のコピーをメールで送らなければいけないので、これもさらなる手間です。・・・そうそう、海外送金の振り込み用紙も慣れない方にはかなり難しいかと。

>Paypal の登録はこちらから。Paypal に登録すれば、Paypal に登録したご自身のメールアドレスをParis Visit に送り、連絡がきたらPaypal を通じてクレジットカード支払いができます。

海外送金の際、もちろん送金手数料がかかりますが、さらに、向こう側で引き出す際に手数料が発生するようで、これは、送金する側からはわかりません。こちらに関しては、後日、残りの支払いとともに行いました。

③賃料の半分は現地で、現金もしくはカード払いです。

1)入国時間の確認
日本から夕刻 CRD に到着する場合、エージェントとの鍵の引き渡しや説明がギリギリ間に合うか間に合わないかの時間になります。

到着が、Paris Visit エージェントのオフィスが閉まるする間際もしくはクローズしている時間の場合、「暗証番号をもらって鍵を自分でみつけてアパートにはいり、翌日、エージェントと細かい話や支払いを行う」 もしくは 「追加料金を払って到着した日にエージェントとのやりとりを済ませてしまう」方法があります。

私たちは、あらかじめ、時間が遅くなったら追加料金を払うから、と言っていたのですが、どうにかギリギリ間に合いました。

2)アパートの説明・保証金や残りの代金の支払い

担当者が一通り、アパートの説明をしてくれます。(6時過ぎていたから、うちの担当者はすごくはしょった説明でしたが)タオルやトイレットペーパーは供給されました。

台所には電子レンジ、コーヒーメーカーあり。料理調味料は、塩・胡椒のみ。

3)その他の注意は読めってこと ?

細かい説明がなかったので、すみからすみまで、備え付けのWelcome Package を読んでみました。ただ、備え付けの機器の説明はなく、それぞれの機器の説明カタログがあるだけ。普通、まとめて書いておかないのかな、って思っても、仕方ない。日本だって、説明書・仕様書はそんなに読みませんよね。洗濯機はよくわからず、一度は脱水しきれずに終わりました。テレビは使い方が分からず、壊れていると思ってました。

驚いたのは、騒音に関する規制。「ヒールでカツカツ歩くな」「洗濯は朝8時から夜8時までに」「ゴミをだすのは ・・・」云々。すごく静かなアパートだったので、このぐらい言われて当然かな。

4)エレベーター
私、エレベーターのあるアパルトマンに行ったことなくて、今回始めてだったんですが、エレベーターの狭いこと。到着時、先にスーツケースだけしかのせられませんでした。二人乗るのが精一杯。荷物を一杯もってると、無理。

5)チェックアウト
基本的に、ゴミを全部捨ててあって、備品を壊していなければ問題なくチェックアウトがすみます。
朝、担当の人がきてくれて、15分ぐらい立ち会いました。この時点で、保証金を返してもらえます。

6)レイトステイ
お友達が一足さきに帰ることになっていたのですが、フライトは夜。朝9時のチェックアウトから夕方までどうするかが一番問題でしたが、私たちが過ごしたアパルトマンに直後にはいってくる人がいなかったので、夕方までいさせてもらえました。

7)タクシー

空港の送迎
お友達は、アパートの部屋までかばんをとりにきてもらえるタクシーサービスを頼んでいました。これは、買い物をたくさんした人には便利ですよね。残念ながら、こちらのタクシーの連絡先をききそびれました。

下記のサイトから予約可能です。(英語ですが)
行き帰り、両方予約できるようですね。到着後、Agent に連絡をして、待ち合わせ時間をきっちりとコンタクトしてくれると書いてあります。

Firstway

パリ市内のタクシーの予約(英語)
私は、次のホテルまでタクシーの予約をしなければならなかったのですが、紹介された G7 というタクシー会社は英語がはなせるし、すごくしっかりしていて、奇麗なタクシーだったので、また次回も利用させてもらおうと思います。

G7空港との行き来の送迎に
TEL +33(0)1 41 27 66 99
http://www.taxisg7.com/?tg7=9a881c654b6b6f97b76d49d74c527493

*************************
お部屋はこんな感じです。
毎日、毎食外で食べると胃が疲れてしまうので、1週間ぐらいいらっしゃる方で、多少の食料の買い出しが嫌でなければ、こんなスタイルで過ごされるのもいいかもしれません。総菜屋さんも多いですし。

入り口の扉
f0062122_2313069.jpg


キッチン
f0062122_2322077.jpg


居間
f0062122_2332418.jpg


私の使っていたベッド(友達は、もう一部屋のダブル)
f0062122_234446.jpg


洗面台とシャワー(友達の部屋には、もう一つ洗面台とシャワー付きでした)
f0062122_23462.jpg


中庭
f0062122_235404.jpg


****************

このパッサージュのお隣がアパートでした。ガイドブックにも載ってます。

f0062122_2363760.jpg


f0062122_2371020.jpg


by AKIKOCHRIS | 2011-12-13 00:30 | + 2011 11月 パリ | Trackback | Comments(4)
2011年 12月 08日

モンパルナスのプチホテルに移動 - Hotel des Academies et des Arts

昨日から、モンパルナスのプチホテルに移動しました。モンパルナスは、ちょっと危ないって言われているから、気をつけて歩こう。早速、昨晩は、子供に囲まれそうになり、振り切りました。

このプチホテル、Hotel des Academies et des Arts と言って、新しいホテルです。
内装の詳細は、また後日。結構、artistic なのです。
いろいろ目をこらしてみてます。

部屋の壁にはこんなアート
f0062122_2561813.jpg


朝、ロビーでコーヒーを頼んだら、コーヒーカップに、赤いハートのお砂糖がくっついていて
f0062122_2575658.jpg


ロビーの片隅のオブジェ
f0062122_333695.jpg


フランスでは、サービスを期待してなかったけど、このホテルの人は本当に親切。フロントの前を通るたびに、用事はないか、ときいてくれます。

モンパルナスの大通りから間がってすぐのところ。サンジェルマンまで歩けます。(地下鉄で4駅だったかな)

by AKIKOCHRIS | 2011-12-08 03:06 | + 2011 11月 パリ | Trackback | Comments(1)