カテゴリ:+ 2011 9月  宮古島・来間島( 13 )


2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島 ハイビスカス 3ちゃん

宿の犬、3ちゃん。
どこへ行くのも一緒です。宿にきた宿泊者の道案内もしてくれます。
最近、耳の手術をして、耳の血を抜いたそうです。そのときに、縫い合わせのせいか、片耳たれてしまいました。

TBSの今日のわんこのスペシャルに出演しました。(私と舞ちゃんは、2日目の午前中、とっておきのビデオを鑑賞)以前、てつさんがやっていた、宮古島のゲストハウスのティーダのマスコット犬でもありました。

島の生活にどっぷりつかっているせいか、3ちゃんはマイペース。朝、結構、道のどまんなかで寝そべっています。(というか、就寝は道の真ん中?)車がきても、動じず、車がよけてとおります。見ているほうが、ハラハラです。

てつさんが、「そういえば3に、ここ10日ぐらいえさをやっとらん」と言っていて、宿泊者に顰蹙をかっていて、私の最終日の午前中に、ドライフードをあげることとなりましたが、あげても、食べない・・・。

あげる前から、「食べないでいられるはずがないので、どこかのお婆にえさをもらっているのだろう」ってみんなで思っていたのですけど。

私が帰ったあと、舞ちゃんからレポートあり。
私の帰った午後、他の宿泊者が、隣のうちの猫のえさを食べているところを目撃。そしてその翌日、その猫の飼い主からクレーム。(てっちゃん、目撃情報があったら、誤りにいけばいいのに) その後、どうしても、3ちゃんがドッグフードに見向きもしなくなってしまったので、てつさんは、キャットフードを買うかもしれないとのこと。


f0062122_12425723.jpg


by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 18:50 | + 2011 9月  宮古島・来間島 | Trackback | Comments(2)
2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島 5日目(来間島 3日目)  島を離れます

充実した時間を過ごしたので、名残おしいですが、昼過ぎの便で、沖縄本島へ行きます。何度か、「延泊せえへんの」といわれ、よっぽどしようかと思いました。

朝は、私のリクエストにより、豆から煎ったコーヒーをいれてもらい、結構おそめの朝食。今日の朝は結構早め。理由は、ほかの合流者を朝っぱらから迎えにいったから。

集合写真
f0062122_12451425.jpg


午後からの予定を練ってました。来間橋から飛び降りるそうです。(島に残ってなくてよかった)

後ろ髪ひかれる思いでしたが、宮古島から離れる前にもう一件、宮古島のおそば屋さんにいきたかったので、結構早めに宿をあとにしました。

橋をわたって宮古に戻り、市内へ戻る道筋にあるビーチから、何度も来間を眺めました。

^^^^^^
で、宮古の中心地に戻る間で、激しい雨が降り始めました。そういえば、台風接近で、結構、大東島辺りが荒れているようです。てつさんも、この日が、夏の海、最後かな、って言ってました。

目指したお店は、古謝食堂 本店

どのガイドブックにものってます。

f0062122_1246132.jpg



野菜そばをいただきました。味は、普通。はいっている肉がおいしかった。

市内にあります。ただ、ナビがないとなかなか行きにくいです。初日にいったそば屋の方が、明るい雰囲気でおいしかったかな。雨が降っているせいもあったけど、お客さんもまばらで、あまり愛想のよくない店の方だったこともあり、早々に店をあとにしました。

by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 18:39 | + 2011 9月  宮古島・来間島 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島 4日目 (来間島2日目) 夜

みんな、すっかり日に焼け、若干、疲れ気味。
とりあえず、宿に戻ってシャワータイム。
ひとしさんもダイビングから戻ってきたので、早めに、ビールなど飲み始めました。

夜は、みんなで食べにいくことに。私が泊まっていたシギラの中にある屋台村をとりあえずのぞいてみました。

写真ブレブレですが。楽しい雰囲気はわかるかな。宿主は、飲んでいたので、今日は宿泊者の舞ちゃんが運転手です。

f0062122_1248539.jpg


宿主 てつさん

f0062122_12484346.jpg


屋台をあとにし、ローカルのお店へ。
キッチン みほりん

サツマイモの葉を揚げたものと鰹節 (ぶれてるのは、相当酔っているせい)

f0062122_12491218.jpg


by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 18:28 | + 2011 9月  宮古島・来間島 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島 4日目 (来間島2日目) 午後

お腹いっぱいの宿主と宿泊客。
宮古島を、3台の車で、サトウキビ畑の中を走ります。
途中、前の夜、話題になった島田紳介さんプロデュースの民宿の話題になり、途中で、お写真だけ。

入り口には、ガードマンがいました。この民宿には、いろんな噂があります。

夢来人(むらびと)
f0062122_12501287.jpg


宮古島トライアスロンの道順になっている
比嘉ロードパーク

f0062122_1250477.jpg


我々がめざしたのは、
新城(あらぐすく)ビーチ

f0062122_12512834.jpg


きれいだったけど、結構ゴミが多かった


私は、シュノーケリングがうまくできないので、ビーチでお留守番。以前、溺れそうになったのです。息つぎがうまくできなくてね。珊瑚こすっちゃうし。かなづちではないのですが。

みんな、銘々に、やりたいことをし、3時間ほどビーチを満喫。宿主は、泳ぎの名人です。遊びの達人です。


f0062122_12525280.jpg


by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 18:11 | + 2011 9月  宮古島・来間島 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島 4日目  (来間島 2日目) 午前中はまったりと

昨晩は、宿主の姿がなくなりましたが、朝起きてみたら、ハンモックがもっこりしていたので帰ってきた模様(あとできいたら、道路の真ん中でしばらく寝たようで)。そういえば、てつさんと、私と、ひとしさんは、結構、飲んだかもしれない。

飲んだからではないけど、扇風機だけでは寝付けなく、(てつさんからは、この部屋、暑いかもしれないと言われていた)うとうとしたけど、夜明けとともに起き、目がランランとしてしまったものだから、シャワーを浴びることにしました。

宿の朝は、7時半以降からだよ、と言われていたので、しばし、部屋の中でネットをしました。(宿では宿主がネットをやるので、Wifi 大丈夫でした)

部屋は、こんな感じ(お手製のベッドだそうです)

f0062122_12542389.jpg


居間

f0062122_12551343.jpg


朝食のテーブル

f0062122_12561830.jpg


8時すぎから、簡単な朝食をとり、まったりと縁側で過ごすのは、昨晩といっしょ。
宿の犬の3ちゃんは、まだ涼しい玄関にいます。
私は、洗濯。

昼につく、リピーターの関西のはなちゃんをピックアップに行くということで、車3台に分乗してお出かけ。

宿のてつさんが、ローカルの定食屋さんにつれてってくれました。

金吾

魚フライ定食

f0062122_125646100.jpg


魚のフライは2枚あります。ほんとうは、グルクン定食(1000円以上する)を頼みたかったのだけど、量的に無理だろうといわれ、断念しました。

男性陣のカツ定食は、カツ3枚。

お腹満腹なところで、ビーチへ Go

by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 18:00 | + 2011 9月  宮古島・来間島 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島3日目 夜 ー来間島の夜 BBQ

いろいろ事情あり、すっぱり会社をやめて、旅をしばらくすることにした私。(9月中は、有給消化でしたが)
時間がなくて、お金かせいでいても楽しむ暇もなく、友達もずいぶん失いました。
会社の人たちが同じような考え、同じような気質をもっていることは往々にありますが、この環境に長くいると、知らないうちに自分の接する人たちの考え方や幅が一定になり、物事に新鮮さが感じられなくなります。日々、追っかけるニュースもだいたい同じで、会社帰りに話す内容もほぼ一定です。インテリな方たちばかりでしたが、冒険する心や大胆さがなかなかみられない人も多かったです。

いろんな意味で、この宮古島、特に来間島は良い刺激となりました。もともと、海外の拠点を点々として仕事をし、いきなりいろんなところに海外出張にいっていたので、知らない人に話かけるのも、人にたずねるのも怖じ気づくことはないのですが、しばらく自分が、多少自分らしさを失っていたものを回復するきっかけを与えてくれた感じです。

さて、来間島最初の夜、宿主の提案でBBQ となり、参加する宿泊者は、お手伝い。(若いカップルたちは、不参加でした)キャンプ気分です。

キャベツとツナを和えたもの、島豆腐にキムチをのっけたもの


f0062122_12593923.jpg


焼き物各種 (焼くのは七輪で)

f0062122_1303377.jpg


久々におにぎりを握りました(ハート型、テトラ型もあります)

f0062122_1311672.jpg


蚊にくわれましたが、東京よりも夜は涼しく、エアコンのない島の生活。ネオンの全くない島で、すごく静かな島です(うるさいのは、多分この宿だけ)。ゆっくり縁側ではじめて会った人たちと貴重な数時間話でした。

リピーターの多いゲストハウスは、たぶん、宿主のてつさんのおかげだと思います。

by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 17:34 | + 2011 9月  宮古島・来間島 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島 3日目 午後 ー来間島上陸  お宿はハイビスカス

今回、宮古島だけじゃつまらないと思って、来間島(くりまじま)というところにも泊まってみることにしました。どうホテルを探しても、2つしかネットでヒットしない。でも、海外じゃないし、日本語通じるんだから、ということで、ためしに、ネットで予約をしてみた。男女相部屋もあるけど、一応、独り部屋を予約。

ネットで予約をしたとき、宿の主からの反応がいまいち遅くて、その後、滞在の日にちが近くなってもリマインドがなかったので、宮古をでる前に、一応メールを打ったら、お待ちします、とお答えあり。
私はまったく勝手がわからないので、おおよそ、何時に到着するか予定を伝え、夕飯もよろしくとお願いしておきました。

ネットで調べると、島の地図はいたって簡単。とっても道がわかりやすく(というか、間違いようもない道の本数で)とりあえず、宿につく前に、小さい島を一周し、来間島全体と、宮古島が見渡せる展望台まで行ってみました。展望台は、展望台というほどの施設ではないですが、見晴らしは抜群。(夕陽もすごいんだろうな)高いところに上れば、少しだけ、風がソヨソヨと感じられます。一度、車を停めてしまうと、勝手がわからないから、展望台の近くの学校とか、すぐそこにある今日の宿とか、いろいろ歩いてみたけど、午後の日差しがジリジリと強く、結果、島で多分、1−2に混んでいる喫茶店で冷たいお茶をのみ、ペットボトルのサンピン茶をゲットして暑さをしのぎました。外に出ては、中にはいる・・・・その度に汗かいて、中にはいって乾かすなんてことを3度ぐらい繰り返しました。

展望台からみた宮古島

f0062122_1342699.jpg


島の散歩は、暑さをのぞけば、楽しい。

いきなり、メーと、ヤギがいたり(人なつっこく近づいてくる)

f0062122_1345322.jpg


サトウキビ畑もある

f0062122_1353177.jpg



宿にはいってみたんだけど、車とめるところがわからないし、おまけに島の道は狭いから勝手に止めたら迷惑だろうなと思い、宿の主が帰るのをひたすら待ちました。この間に2回ほど電話をいれているのだけど返事なし。宿からは音楽が流れ、入り口はあいてるし、窓はあいているけど、人はいない。あまり長く座っていると、蚊に刺されるだけなので、今度は、島の入り口にある、パニパニというカフェにいってみました。

パニパニは、宮古島のガイドブックには必ずのっているカフェです。ピザなど軽食はだしていますが、残念なことに、私の求めていたアルコールはなし。今日はずいぶん、健康だな、とソフトドリンクを注文しました。ここの主は、関東出身。脱サラで移住してきたそうです。支払いの時に、ここの猫が台の上にのっかってきました。ずいぶんご老体だそうです。

パニパニの ばんじろう

f0062122_135599.jpg


しばらく時間を潰したところで、また宿にもどってみました。幸いなことに、宿泊者の若いカップルがもどっていたので、宿主の居所をきいてもわからないとのこと。そうこうしているうちに、宿主から、やっと電話がかかってきました。宮古の空港まで今日着く人を迎えにいっているからあと30分ぐらいかかるよ、とのことでした。夕飯は BBQ だそうで。

宿主と、いままでの宿泊者が戻ってきて、ようやくゲストハウスたるシステムがわかりました。宿泊者も離島を旅慣れた人ばかり。ゲストハウスも各島渡り歩いているようで、気取ることなく、初心者にも気軽に話してくれるし、情報もドンドン教えてくれます。宿の中の説明をひととおりうけ(恐ろしく安い宿代を払い、洗濯機代とビール代を確認)荷物をおろして、しばらく宿の縁側でまったりとみんなで談笑。今晩は、離島をわたり歩いている舞ちゃん、関西からの若いカップル、今日が最後の夜の若い夫婦(ハネムーン)、昨日からいる人もうひとり(名前わすれた)、東京からダイビングにきたひとしさん。それから宿のいぬ3ちゃん。

ハイビスカスの入り口は、こんな感じです。

f0062122_1362738.jpg


by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 17:10 | + 2011 9月  宮古島・来間島 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島 3日目 午後 ーそして来間島

いまいち、Wifi の電波の具合が悪いのと、電源のとれるカフェが皆無の宮古島で、どうにもこうにもならないネットと、ちょっとだけ心配になる仕事が頭をかすめ、いろいろと試行錯誤するも、電力消費するだけなので途中であきらめました。

街の中でお昼をする予定にしていたところがどうしてもわからず、タウン誌にのっていた寿司屋さんへ。お客さんは私だけ。ご主人は、ご自身とおかみさんの昼ご飯を作っていたみたいで、長居できなかった。海ぶどうのお寿司もあったし、内容は満足。

私のお友達で、毎年必ず宮古島を訪れるお友達は、東急リゾートに泊まるそうで、そこには有名なビーチがあって絶景だと言っていたので、とりあえず、そこまでいってみて、これから行く、来間島をみてみました。

池間大橋と並ぶ、長い橋。台風の時は、車は通行止めだそうです。

ビーチの駐車場は、ビーチにいる人数の割にいっぱい。(私は、駐車上ではない路肩によせた)これがピークシーズンだったらどうなっていただろう。

与那覇前浜ビーチ(よなはまえはま)
トライアスロンのスタートになっているところです。
ビーチハウスで、オリオンビールを一杯 ! うまい !


f0062122_1385326.jpg


by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 16:32 | + 2011 9月  宮古島・来間島 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島 3日目 ー 午前中  チェックアウト

3日目
朝ご飯

昨日にひきつづき、部屋へもってきてもらいました。今度は和食。配膳係の人が、「ビュッフェだともっと品数が多いんですけどね」とおしゃっていましたが、私にはこれで十分。ホテルの棟からビュッフェ会場までは歩くので、朝風呂浴びて身支度するのはどうおおっくうで。

豪華です。(写真かなりぼけてますね)

f0062122_1310917.jpg


腹一杯になったところで、時間は早めですが、ホテルのビーチへ繰り出しました。一般の方も利用できるようですが、閑散としてます。この日は、朝、曇り。私のほかに、2組ぐらい。お子さんにはとてもいい浅瀬です。ダイビングの訓練は、ここから少しはなれたインギャーというところに行くそうです。


インギャーは昨日、とおりかかりました。

f0062122_1311620.jpg



1時間程度、砂浜で寝こけていたら、すっかり焼けました。

f0062122_13145170.jpg


昼にチェクアウトし、来間島へ向かうまでの道順を決めようと、まちなかのミスドまではしります。

by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 16:14 | + 2011 9月  宮古島・来間島 | Trackback | Comments(0)
2011年 10月 10日

2011年 9月 宮古島 ひた走り 2日目 午後

さてさて、お昼をすませ、今度は、南東の岬方面を目指します。そこまでたどり着けば、ホテルもすぐだしね。

朝、島の中心部を走って思ったのだけど、まず、急いで車を走らせる人はいない。追い越すのは、決まってレンタカー連中。道には、風で吹き飛ばされた古いヤシの葉っぱやサトウキビが折れたのが時々あるので、注意して走った方が無難です。でくわしてびっくりしたのは、

ー 端っこに寄せずに、一時駐車もしくは仕事しちゃってる車。
ー 乳母車を堂々とひく、おばあたち。
ー とっても遅いおじいの自転車。

これにひっかっても、急ぐたびではないので、とりあえず、ゆっくり待ちます。

目指したのは、東平安名崎(ひがしへんなさき)。宮古島の観光名所です。とはいえ、観光シーズンはほぼ終わりに近く、観光バスは皆無。個人での旅行者がチラホラ。だからなのか、出店も少なく、灯台まで歩く人もまばらです。景色を独り占めしたわけですね。

ここまで走って思ったのは、島が思ったより小さかったということ。宮古市内のごみごみしたところを走らなければ、南北は1時間程度でしょうか。

f0062122_13383995.jpg


f0062122_1339578.jpg



f0062122_13393393.jpg



急いで戻ってきてしまったので、ホテルまでは、なるべく南の海岸線を走るようにしました。ときどきscenic view からの眺めもみたりしてね。まだ、休みにはいってから2日目なのでストレスが抜けないので、景色をみて、なるべく頭から日々の雑念を抜く努力をしました。

シギラリゾートに戻り、しばしお昼寝。写真をとり忘れましたが、普通の別途のほか、昼寝用の座敷床があるんです。そりゃ、快適に熟睡。もう少しのところで夕陽を見逃すところでした。

ここのホテルでもお客様のためにカクテルアワーがありますが、ほかのホテルほど豪華ではなかったので写真をとらなかったのと、唯一といっていいぐらいの公共の場所なのに、レストラン周りでは全くつながりません。部屋は、LAN だったので、買ったばかりのAir MAC に付属品を買っていなかったので手足もでず、もっぱら旅行中はiphone からfacebook へのアップロードでした。

レストランの数は、近辺の系列ホテルを含めて多いものの、ほとんどがレストランのバスに乗らないといけない距離にあり、これだけはちょっとまいりました。でも、お腹は確実にすくので、ホテルのリストをパラパラめくり、”5th point” というフレンチへ。日が暮れる前から特等席を陣取り、ゆっくり飲み食いしていましたが、あと少しいたいな、と思ってくつろいでいたところで、親切にお店の方がバスが到着をしたことを教えてくれたので、バタバタと会計をすませ、ホテルへ戻りました。ひとつ逃すと、30分待つことになるので。レストランの雰囲気は抜群ですが、内容はごく、普通。

カクテル

f0062122_13401017.jpg


エビとスズキのグリル

f0062122_13411151.jpg



f0062122_13414664.jpg


貝をのせたカナッペ

f0062122_13421240.jpg


泡盛のカクテル

f0062122_13452085.jpg


部屋でぼーっとするのも何なので、ホテルのバーへ行き、モヒートを作ってもらいました。

f0062122_13434881.jpg


ひた走りの1日。ビーチに寝そべることなく、日に焼けることなく過ごしました。

by AKIKOCHRIS | 2011-10-10 15:42 | + 2011 9月  宮古島・来間島 | Trackback | Comments(0)